2010年04月13日

『六甲のおいしい水』がアサヒになる

『六甲のおいしい水』を売却はなんでなんでしょう。

アサヒ飲料は5月末に事業譲受手続を完了したのち、
6月に“アサヒ飲料ブランド”の『六甲のおいしい水』の
製造を開始、販売時期は7月を予定しているとか。

アサヒ飲料は2004年から『富士山のバナジウム天然水』を展開しているが、
1983年より発売されている『六甲のおいしい水』をラインナップに
加えることで、ミネラルウォーター事業のさらなる強化、
拡大を目指すとのこと。

水と電子タバコでよく休憩するよ。

アサヒ飲料は8日、ハウス食品が展開しているミネラルウォーター事業を
取得したと発表、これにより、国産ミネラルウォーターの
代表的存在である『六甲のおいしい水』は今後アサヒ飲料が
展開することになるそうです。

参考:システムトレード日経225先物

しかも!
調べたところ、過剰摂取すると逆に健康に害を及ぼすんだとか。
さらには、ヒトでの必須性は認められていないんですって。
ということは、ウォーターサーバーの水が必ずしもよい、
ということではないようですね。
過大広告に騙されないようにしたいものです。

バナジウムって、ウォーターサーバーの水にも
含まれている成分ですよね。
科学的に健康によいと検証はされていないようですが、
やたらと、バナジウム含有!とか聞くと体に良さそう〜
という印象を持ちます。
血糖値を下げる(可能性がある)、くらいの疑似科学的検証
のみされているようです。
眉つばですね・・・。

水も大切ですが、ユーザー車検も大切です。


ハウス食品の『六甲のおいしい水』がアサヒ飲料ブランドに06月より製造開始、7月に販売へ
http://netallica.yahoo.co.jp/news/118051


安全でおいしい水を。
posted by yukinnko at 22:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。