2009年08月04日

昔に比べ子育てをするパパがダントツで増えている

今の世は共働きが当たり前になってきているからね。

全国の20代〜40代ビューティーローズで現在3歳未満の子供がいるパパ1000名、
ママ1000名を対象に7月に行われた調査では、
育児にどの程度かかわっているかを問う内容でした。

きっと昭和初期FX情報商材の男性が見るとひっくり返るんじゃないか、
と思うほど今のパパは育児に非常に協力的なのですね。
うちの父も昭和初期に限りなく近い年代ですが、
育児は母に任せっきりで朝早くから夜遅くまで仕事中心の
生活を送ってきた人でした。

8割のパパがおむつ替えに協力、「パパ友」いる53%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090803-00000005-sh_mar-sci

アメリカの男性は特に育児や家事に協力的だといいますから、
そういう文化面も欧米化が進んでいるのかもしれません。
それと同時に「日本男児」レーシック失敗の姿が消えつつあるのも、
なんだかさみしい気もしますけど、如何でしょうか?

そういうやおいパパが現代では主流なのでしょうね。
だから逆に亭主関白な人は今の世の中では
浮いてしまう可能性が大きいです。
世の男性もそこのところはよく把握されているという事でしょう。

いいことではないでしょうか。
posted by yukinnko at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。