2010年07月26日

大阪市に中国人の生活保護申請が急増

生活保護やら子どもの手当てやら中国人に狙われていますよね。

観光ビザの発給条件を緩和したせいで、たくさんの中国人が
日本に押し寄せているようですが、どうなのでしょう?
不動産を見て帰国する人もいるとか。
日本が日本でなくなってしまう・・・と
危惧するのは悲観しすぎでしょうか?

北京でFXでサラリーマン脱出計画をしている人もいる。

大阪市、生活保護打ち切りへ 中国人26人「受給目的の入国」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100723-00000046-san-soci


英断ですな!
名古屋市長といい大阪市長といい、
関西の方はまともな市長さんが多いのかしら。
現在、生活保護を支給している26人の8月分については
支払いを保留し、大阪入国管理局の再調査の結果を待つが、
市の担当者は「特別の事情が明らかにならない限り、
生活保護の廃止と申請の却下を行う」と話し、
48人のうち20人はすでに申請を取り下げているとのこと。

サラリーマンFXにっきでは絶対に申請を通すべきじゃないといっていました。

日本人でも生活保護の申請がなかなか通らないらしいのに、
中国人にほいほいと承認してしまうのはおかしいですよね。
それにしても、中国、という言葉をメディアで
見たり聞いたりしない日はありません。

中国・福建省出身の日本人姉妹の親族とされる
中国人48人が入国直後、大阪市に生活保護を大量申請した問題で、
市は22日、「身元引受人の保証実態がないのは明白。
生活保護受給を目的に入国したと見なさざるを得ない」として、
現在支給している26人の生活保護を打ち切るとともに、
審査中の2人の申請を却下する方針を明らかにしたそうです。

日本の制度が標的になるなんてほんわかホノボノ日記では許せないと言っていました。

生活保護については市がよく調査したほうがいいと思います。
posted by yukinnko at 13:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

牛角が巨大カルビを発売

このニュースをみたとき、食べたい!って思いましたね!


大きいだけではなく最後部位を使ったメニューという事なので、
大きくって美味しいとなれば当然話題を呼ぶでしょう。

牛角が14日から全長30センチもある巨大カルビ『牛角ギガカルビ』
(税込1029円)を期間限定で発売するそうです。

牛角のイチオシメニューになる事は間違いないでしょうし、
このメニューを目的にして訪れるお客様も増えるのではないでしょうか。

焼肉だったらお気に入りブログを紹介しますね!

しかも8月31日までの期間限定メニューという事なので、
販売意欲を駆り立てる良い作戦を立てたと思います。


迫力の全長30cm! 牛角が“巨大カルビ”を全国発売
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100709-00000024-oric-ent

でもガストの『ハミ出るビーフステーキ』が好調な売れ行き過ぎて、
一時販売を見合すほどの品薄状態に陥るなど、
“ビッグメニュー”に対して反響が大きいことから、
牛角の『牛角ギガカルビ』も在庫確保が大変になるかもしれません。

販売中止なんて事になる前に早めに出かけた方がよさそうですね。

山に上ると気持ちがいいけど、肉を食べたときも気持ちよし!

ここのところ、ロッテリアの「10段重ねバーガー」や、
ガストの「皿からはみ出るステーキ」などの“巨大メニュー”が話題ですが、
その流れに乗っかる形での焼肉巨大メニューの登場です。

その大きなカルビは焼肉で最後部位といわれていて、
1頭からわずかしか取れない部位のボンレスショートリブを
使用しているそうです。

CMにはアイドル探求が必要ですね。

ただ国産だといいなーって思います。
posted by yukinnko at 00:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。